戦国武将、豊臣秀吉ってどんな人?チャネリングしてみました!

チャネリング効果

あなたにピンポイントで
愛と光と癒やしを
お届けするチャネラーひーちゃんです。

本日も当ブログにお越しくださり、
ありがとうございます!

(応援してくださると嬉しいです。)
↓  ↓

このところ、
戦国武将の明智光秀、織田信長を
チャネリングさせていただきました。

こうきたら、
豊臣秀吉をチャネリングしないといけないでしょう
ということで、
今回は、「豊臣秀吉」

しかし、
わたしは歴女でも何でもないのに、
なぜか歴史上の人物をチャネリングするとは
思っていませんでした。

ピアノ講師なので、
クラシックの作曲家さん達を
チャネリングしていたら、
思いもかけずこうなったという、、、

人生どうなるかわかりませんね。

きっと、
お読みになってくださる皆さんの方が
よくご存じなので、

突っ込み所がありましたら、
ご遠慮なさらず、
大いに突っ込んでくださいな。

戦国武将、豊臣秀吉ってどんな人?チャネリングしてみました!

豊臣秀吉の基礎知識

豊臣 秀吉(とよとみ ひでよし / とよとみ の ひでよし、旧字体:豐臣 秀吉)、または羽柴 秀吉(はしば ひでよし)は、
戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、大名。天下人、(初代)武家関白、太閤。三英傑の一人。

初め木下氏で、後に羽柴氏に改める。皇胤説があり、諸系図に源氏や平氏を称したように書かれているが、
近衛家の猶子となって藤原氏に改姓した後、正親町天皇から豊臣氏を賜姓されて本姓とした。

尾張国愛知郡中村郷の下層民の家に生まれたとされる。
当初、今川家に仕えるも出奔した後に織田信長に仕官し、次第に頭角を現した。
信長が本能寺の変で明智光秀に討たれると「中国大返し」により京へと戻り山崎の戦いで光秀を破った後、
清洲会議で信長の孫・三法師を擁して織田家内部の勢力争いに勝ち、信長の後継の地位を得た。
大坂城を築き、関白・太政大臣に就任し、朝廷から豊臣の姓を賜り、日本全国の大名を臣従させて天下統一を果たした。
天下統一後は太閤検地や刀狩令、惣無事令、石高制などの全国に及ぶ多くの政策で国内の統合を進めた。
理由は諸説あるが明の征服を決意して朝鮮に出兵した文禄・慶長の役の最中に、嗣子の秀頼を徳川家康ら五大老に託して病没した。

墨俣の一夜城、金ヶ崎の退き口、高松城の水攻め、中国大返し、石垣山一夜城などが機知に富んだ功名立志伝として知られる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

小さい頃から、
織田信長と並び、豊臣秀吉は歴史上の有名人。

大出世をした平民の中のヒーローでした。

豊臣秀吉をチャネリングしてみました。

(わたし)

秀吉さんは、
下層民の中に生まれた平民なのに、
なぜ、このような大出世されたのでしょう。

昔のことですから、
氏や生まれはものすごく重視されたと思うんですけど
その辺、どうなんでしょうか。

(高次元)

この者は、
下層民の出ではない。

下層民の出とした方が
士気が高まるからそう言っていたし、
また、
その方が秀吉本人もやりやすかったからです。

この者は、
かなり位の高い人の血をひいています。

しかし、
確かに足軽からのし上がっていきました。

この者は、
人心掌握に長けており、
また、
その期待を裏切らない働きをした。

人々の心が手に取るように
理解出来たため、

信長の気に入る行動を
取ることが出来た。

しかし、
信長のような非情な戦いの仕方はしなかった。

身分の低い人の気持ちや、
また、
土木の仕事もよくわかっており、

幼少期から青年期
育っていく上での
あらゆる経験が
この者の土台を作った。

経験のない者に比べると、
いろんな角度で
物事を見ることが出来る。

それが強みとなった。

この者が
天下を取った上で、
何が素晴らしいかというと、

人間心理を巧みに用い、
人を巻き込みながら成長していったところです。

人は誰も
一人では物事を成し遂げることが出来ない。

必ず人がそこにいる。

それをよく理解していたから
大きく成長を遂げることが出来た。

見習うべき人です。

*****************
なるほどね~。
人のことを顧みず
自分を押し通す人が多いと思うのですが、

人を巻き込む力に長けていたからこそ、
大出世を成し遂げた、
人間力のある人だったんですね。

因みに、
これは単なるわたしの妄想ですので、
どうか寛大に受け止めて頂けると嬉しいです。

もし、
ご相談等ございましたら、
私のところまでご連絡くださいね。
下をクリックしてください。
↓    ↓
*ひーちゃんのチャネリング

ついでにここもポチッとお願いします!
↓   ↓


人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました