戦国武将人気№1、織田信長は本当はどんな人?チャネリングしてみました!

音楽 生き方

あなたにピンポイントで
愛と光と癒やしを
お届けするチャネラーひーちゃんです。

本日も当ブログにお越しくださり、
ありがとうございます!

(応援してくださると嬉しいです。)
↓  ↓

本日も当ブログへお越しくださりありがとうございます!

昨日は、
時の人「明智光秀」を
チャネリングしてみました。

明智光秀さんは、
人に慕われる素晴らしい方の様でした。

性格的にも、
織田信長と違って、
荒ぶる所のない知的で優しい人。

そんな光秀さんの様子が
伺えましたが、

今度は、
皆さんがよくご存じの
織田信長さんに興味が湧いてきて、
チャネリングしてみたいと思いますね。

戦国武将人気№1、織田信長は本当はどんな人?チャネリングしてみました!

織田信長の基礎知識

織田信長は、織田弾正忠家の当主・織田信秀の子に生まれ、尾張(愛知県西部)の一地方領主としてその生涯を歩み始めた。
信長は織田弾正忠家の家督を継いだ後、尾張守護代の織田大和守家、織田伊勢守家を滅ぼすとともに、
弟の織田信行を排除して尾張一国の支配を徐々に固めていった。

永禄3年(1560年)、信長は桶狭間の戦いにおいて駿河の戦国大名・今川義元を撃破した。
そして、三河の領主・徳川家康(松平元康)と同盟を結ぶ。
永禄8年(1565年)、犬山城の織田信清を破ることで尾張の統一を達成した。

一方で、室町幕府将軍足利義輝が殺害された(永禄の政変)後に、足利将軍家の足利義昭から室町幕府再興の呼びかけを受けており、信長も永禄9年(1566年)には上洛を図ろうとした。
美濃の戦国大名・斉藤氏(一色氏)との対立のためこれは実現しなかったが、永禄10年(1567年)には斎藤氏の駆逐に成功し(稲葉山城の戦い)、尾張・美濃の二カ国を領する戦国大名となった。
そして、改めて幕府再興を志す意を込めて、「天下布武」の印を使用した。

翌年10月、足利義昭とともに信長は上洛し、三好三人衆などを撃破して、室町幕府の再興を果たす。
信長は、室町幕府との二重政権(連合政権)を築いて、「天下」(五畿内)の静謐を実現することを目指した。
しかし、敵対勢力も多く、元亀元年(1570年)6月、越前の朝倉義景・北近江の浅井長政を姉川の戦いで破ることには成功したものの、三好三人衆や比叡山延暦寺、石山本願寺などに追い詰められる。
同年末に、信長と義昭は一部の敵対勢力と講和を結び、ようやく窮地を脱した。

元亀2年(1571年)9月、比叡山を焼き討ちする。
しかし、その後も苦しい情勢は続き、三方ヶ原の戦いで織田・徳川連合軍が武田信玄に敗れた後、元亀4年(1573年)、将軍・足利義昭は信長を見限る。
信長は義昭と敵対することとなり、同年中には義昭を京都から追放した(槇島城の戦い)。

将軍不在のまま中央政権を維持しなければならなくなった信長は、天下人への道を進み始める。
元亀から天正への改元を実現すると、天正元年(1573年)中には浅井長政・朝倉義景・三好義継を攻め、これらの諸勢力を滅ぼすことに成功した。
天正3年(1575年)には、長篠の戦いでの武田氏に対して勝利するとともに、右近衛大将に就任し、室町幕府に代わる新政権の構築に乗り出した。翌年には安土城の築城も開始している。
しかし、天正5年(1577年)以降、松永久秀、別所長治、荒木村重らが次々と信長に叛いた。

天正8年(1580年)、長きにわたった石山合戦(大坂本願寺戦争)に決着をつけ、翌年には京都で大規模な馬揃え(京都御馬揃え)を行いその勢威を誇示している。

天正10年(1582年)、甲州征伐を行い、武田勝頼を自害に追いやって武田氏を滅亡させ、東国の大名の多くを自身に従属させた。
同年には信長を太政大臣・関白・征夷大将軍のいずれかに任ずるという構想が持ち上がっている(三職推任)。
その後、信長は長宗我部元親討伐のために四国攻めを決定し、三男・信孝に出兵の準備をさせている。そして、信長自身も毛利輝元ら毛利氏討伐のため、中国地方攻略に赴く準備を進めていた。
しかし、6月2日、重臣の明智光秀の謀反によって、京の本能寺で自害に追い込まれた(本能寺の変)。

一般に、信長の性格は、極めて残虐で、また、常人とは異なる感性を持ち、家臣に対して酷薄であったと言われている。
一方、信長は世間の評判を非常に重視し、家臣たちの意見にも耳を傾けていたという異論も存在する。
なお、信長は武芸の鍛錬に励み、趣味として鷹狩り・茶の湯・相撲などを愛好した。
南蛮などの異国に興味を持っていたとも言われる。

政策面では、信長は室町幕府将軍から「天下」を委任されるという形で自らの政権を築いた。
天皇や朝廷に対しては協調的な姿勢を取っていたという見方が有力となっている。

江戸時代には、新井白石らが信長の残虐性を強く非難したように、信長の評価は低かった。

とはいえ、やがて信長は勤王家として称賛されるようになり、明治時代には神として祀られている。
第二次世界大戦後には、信長はその政策の新しさから、革新者として評価されるようになった。
しかし、このような革新者としての信長像には疑義が呈されつつあり、2010年代の歴史学界では、信長の評価の見直しが進んでいる。
    出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

さすが、織田信長さん
Wikipediaの解説も長い(苦笑)

織田信長は本当はどんな人?

(わたし)

織田信長さんは、
現代では戦国武将№1を誇るすごい武将として
ある意味英雄視されていますが、
本当の所は、
どんな人だったのでしょう。

(高次元)

この人は、
親に愛されなかった。
それも母親に。

すごく寂しい思いをした。

うつけ者と、
世間で言われていた頃は、
今で言う
反抗期というものでした。

しかし、頭はきれて、
新しい物好きで、
新しい考えを即刻取り入れる

今で言う
流行に敏感だった。

戦国時代、
織田信長の気性にぴったりマッチした時代で、

荒々しく、

戦いに行くも
勝ち戦で、
時代が織田信長を押し上げた。

そのことで、
織田信長は自分の力を過信し、
傍若無人に
自分のやりたいことをしまくった。

そして、
自分の気にそぐわない者は
容赦なく切り捨てた。

しかし、そんな信長も
歳を重ねるにつれ、
迷いが出てきて、

ある時は女に、
ある時は信仰に
と自分の気持ちを静めようとした。

しかし、
人に恨まれるようなことを
数々してきたと言っても、

織田信長の出現により
天下統一が早まった。

それは、
この時代に
どうしても必要な人物で、

天もそれを許した。

*****************
なるほどね~。
時代の寵児だったというわけですね。

明日は、
豊臣秀吉をチャネリングしてみたいと思います。

因みに、
これは単なるわたしの妄想ですので、
どうか寛大に受け止めて頂けると嬉しいです。

もし、
ご相談等ございましたら、
私のところまでご連絡くださいね。
下をクリックしてください。
↓    ↓
*ひーちゃんのチャネリング


人気ブログランキング

コメント

  1. セフィママ より:

    私は信長大好き〜!
    山岡荘八の信長、司馬遼太郎の国取り物語の信長、堺屋太一の鬼と人の信長、が特に好きです(^^)

    • 桂川 ひづる桂川 ひづる より:

      セフィママさん、歴史大好きなんですね。
      信長さんが好きなんですか!
      危険な魅力がお好きなんですかね?
      わたしは苦手でございます(笑)

タイトルとURLをコピーしました