神童モーツアルトってどんな人? チャネリングしてみました!

作曲家チャネリング

あなたにピンポイントで
愛と光と癒やしを
お届けするチャネラーひーちゃんです。

本日も当ブログにお越しくださり、
ありがとうございます!

(応援してくださると嬉しいです。)
↓  ↓

今、シリーズとして
古典派の音楽家さんたちを
チャネリングしています。

今回は、
ヴォルフガング・アマデウス・モーツアルトです。

神童モーツアルトってどんな人? チャネリングしてみました!

ヴォルフガング・アマデウス・モーツアルトの基礎知識

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(ドイツ語: Wolfgang Amadeus Mozart、洗礼名:ヨハンネス・クリュソストムス・ウォルフガングス・テオフィルス・モザルト [Johannes Chrysostomus Wolfgangus Theophilus Mozart]、1756年1月27日 – 1791年12月5日)はオーストリアの音楽家。

ハイドン、ベートーヴェンと並んで古典派音楽、ウィーン古典派を代表する一人である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

モーツアルトというと、
皆さん、
胎教に良い音楽とか、
BGMに良い音楽とか
のイメージがありますよね。

それに、
モーツアルトの音楽は、
誰でも
クラシックというとモーツアルト

と言うくらい
皆さんにとって
聴き馴染みのある曲が多いことと思います。

ピアノを弾く側から言うと、
モーツアルトの曲は
一見、簡単そうで、
実は、
ちゃんときれいに弾こうとすると難しいように思います。

そんなモーツアルトさん、
実は私と誕生日が同じなんです。

音楽の巨匠と同じ誕生日とは
実に光栄に思います。

ヴォルフガング・アマデウス・モーツアルトさんてどんな人?

さて、
恒例のわたしと高次元の内的会話です。

どんな言葉が降りてくるのでしょうか。
楽しみです。

(わたし)

モーツアルトさんは、
35歳という若さでお亡くなりになりました。

まだまだ、
音楽家としてやりたいことがおありだったことと思います。

きっと無念だったことと思います。

また、
才能があるが故に
人から嫉妬や嫌がらせがあったとも聞きます。

その辺あたりとモーツアルトさんについて
お教えください。

(高次元)

この者は、
天真爛漫のイメージがあるが、
天真爛漫に見せているが、
実は繊細な人でした。

表現の仕方が
人と変わっているだけで、
心は非情に気遣いの人で、
かなりストレスを受けやすいタイプでした。

この者は、
周りの期待に
いつも応えねばならないプレッシャーに
晒されていました。

その反動で、
言葉遣いを下品にしたり、
浪費をしたりの生活でしたが、

心の均等を保つには
そうするしか発散の仕方を知りませんでした。

(わたし)

あれだけの素晴らしい曲を書きながら、
お金には非情に苦労したと聞きます。

なぜですか?

(高次元)

それこそ、
数多いる音楽家の中で、
素晴らしい曲を書くモーツアルトに
嫉妬を抱く者がいて当たり前で、
その者達によって阻害され、
報酬の良い仕事に恵まれなかった。

しかし、
それはいくら才能があっても、
モーツアルトの下品な言動に
品性を重んじる社会の反発でもありました。

この者の音楽への情熱は
並々ならぬものがあり、
その情熱が
音楽にのり、
人々に長く愛されているのです。

この者にとって、
音楽はほとばしるパッションです。

そのほとばしるパッションに
筆が追いついていかない、

だから、
神童、天才と言われるわけです。

この者の下品な言動には
実はわけがあって、

この者にとって、
貴族社会、富裕層への反発、
もっと人間の本質を伝えたかったのです。

それが証拠に、
このモーツアルトの音楽は
今までの音楽から
もう一つわかりやすい音楽になっているでしょう。

人々に愛される音楽になっています。

それは、
そこを理解していたからです。

モーツアルトが
早く亡くなったのは
音楽界の財産をなくしたようなものですから、
残念ではありましたが、

この者は、
繊細であるがゆえに
生きにくい社会でもあったので、
寿命であったとも言えます。

*****************

表面上ではわからない苦悩が
なんとなく見えてきました。

後世に残る大作曲家と言えども、
時代に理解されず、
人一倍苦労しておられたのですね。

もし、
ご相談等ございましたら、
私のところまでご連絡くださいね。
下をクリックしてください。
↓    ↓
*ひーちゃんのチャネリング

ついでにここもポチッとお願いします!
↓   ↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました