「ピアノの魔術師」フランツ・リストってどんな人?チャネリングしてみました!

作曲家チャネリング

このところ古代に意識が行き
ロマン派はショパンから進んでませんでした。

今回は
ロマン派のイケメン「フランツ・リスト」について
チャネリングしてみたいと思います。

*****

あなたにピンポイントで
愛と光と癒やしをお届けする
みゅーじっくチャネラーのひーちゃんです。

本日も当ブログにお越しくださり
ありがとうございます!

 

「ピアノの魔術師」フランツ・リストってどんな人?チャネリングしてみました!

フランツ・リストについて

フランツ・リスト(ドイツ語: Franz Liszt)、もしくはリスト・フェレンツ(ハンガリー語: Liszt Ferenc、1811年10月22日 – 1886年7月31日)は、王政ハンガリー出身で、現在のドイツやオーストリアなどヨーロッパ各地で活動したピアニスト、作曲家。

自身の生誕地(後述)であり、当時属していたハンガリー王国(当時はオーストリア帝国支配下の版図内)を祖国と呼び、ハンガリー人としてのアイデンティティを抱いていたことから、死後も「ハンガリー」の音楽家として認識・記述されることが多い。
その一方で生涯ハンガリー語を習得することはなく、両親の血統、母語、音楽家としての活動名義(フランツ・リスト)、
最も長い活動地のいずれも「ドイツ」に属し、当時の中東欧に多数存在したドイツ植民の系統でもある。
このような複雑な出自や、ハンガリー音楽を正確に把握していたとは言い難い作品歴から、非音楽大国系の民族運動としての国民楽派に含めることは殆どなく、多くはドイツロマン派の中に位置づけられる。

ピアニストとしては演奏活動のみならず、教育活動においてもピアニズムの発展に貢献をした。
また、作曲家としては新ドイツ楽派の旗手、および交響詩の創始者として知られる。
ハンス・フォン・ビューローをはじめとする多くの弟子を育成した。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

私のリストに対するイメージはイケメンで、
その当時の女性の心を鷲づかみする才能溢れる美形スターというイメージでしょうか。

あなたはどんなイメージをお持ちですか?

フランツ・リストをチャネリングしてみました!

ひーちゃん
ひーちゃん

私、リストさんの曲ってとっても素敵だから大好きなんだけど
ピアノで弾こうと思うと、とっても難しい。
だって、曲がオクターブが多いし、跳躍もあるし
もう本当に超絶技巧なんだもの。
私には高嶺の花だわ。

 

大天使様

大天使様

ふむ、
確かに身体的に恵まれている者に優位な曲が多いね。
別にピアニストは、
クラシックの場合忠実に弾くものと考えがちだけれども、
無理にそうしなくても、
自分の身体に合わせて変えて弾けば良いのではないか?

 

ひーちゃん
ひーちゃん

変えてしまうと、
やっぱり違うんですよ。
原曲を
ちゃんと弾けることは憧れですね。

ところで、
リストさんてどんな人だったんでしょう。

 

大天使様
大天使様

この人物は、
人間的にも魅力的で、
外見が良いこともさることながら、
頭脳も明晰で
このような人物は
それほど多くはいないであろうなぁ。

 

ひーちゃん
ひーちゃん

かなりのイケメンでピアノの腕もすごいもんだから
女の人は卒倒する人も多数いて
かなりの人気ぶりだったそうですね。

それに、
手も中央のドから1オクターブ上のラまで届いたという
大きな手で物凄い演奏するものだから
それはそれは素晴らしかったでしょうね。

大天使様
大天使様

全てにおいて恵まれていたようだ。

彼がモテるのも当然であるのう。

 

ひーちゃん
ひーちゃん

リストさんとショパンさんて
友人関係にあったようですが、
偉大なイケメン二人は
どういう関係だったのでしょう。

 

大天使様
大天使様

お互い才能を認め合っていたようだよ。
どちらかというと
ショパンの方がリストを羨ましく感じていたようだ。

健康的で華々しい舞台での素晴らしい演奏は
ショパンにとってはしたくても出来ないことだったから
仕方のないことだね。

ひーちゃん
ひーちゃん

ショパンさんはショパンさんで
内面的に深い音楽で素晴らしいですし、

リストさんはリストさんで
ピアノの演奏技術が卓越していて
超絶技巧の素晴らしい曲を書き
演奏中にピアノを壊してしまう程
演奏パフォーマンスがすごかったそうです。

お互いがお互いを認め
そして刺激し合い
素晴らしい音楽を残してくれました。

偉大なお二人がいてくれたことに
感謝ですね。

二人が生きていた頃にタイムマシンに乗って行って
お二人の演奏を聴いてみたいものです。

大天使様
大天使様

そうよのう。

彼が超絶技巧曲を書いた理由であるが、
彼は
自分の演奏技術が高いが故に
簡単なものだとつまらなく感じてしまったのだ。

しかし、
ショパンの叙情的で高い芸術性のある音楽を
改めて聴いた時
彼は
自分の技術を前面に出すような音楽ではなく
深い芸術性のある音楽を求めて書いた。

同じ時代に
交友関係を分かち合った
才能溢れる二人は
音楽界の誇りとも言えるだろうなあ。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか (新潮新書) [ 浦久俊彦 ]
価格:792円(税込、送料無料) (2020/11/7時点)

楽天で購入

 

 

まとめ

まあ、チャネリングするまでもなかったでしょうかね。

魅力溢れる人だったようです。

でも、
どんなイケメンも歳にはかなわないですね。

失礼ながら
若い頃のイケメンもこうなるのか~
と残念ながら思ってしまいます。

何とも俗的な(苦笑)


*****

私はチャネリングが出来ますが

実は皆にも出来ることなんですよ。

あなたのお悩みを
リモートで高次元の存在の力をお借りして
お悩み解決!

チャネリングピアノ
簡単な曲を用いて
リモートでもお教えしますよ。

ここで得られる技術は
脱力の仕方をお伝えして
あなたの内に流れる音楽の再生法です♪

あなただけのチャネリングピアノ曲
お試し価格で
作曲させていただきます!

これは難しい曲ではなく
私の中で湧いてきた音楽を降ろした曲になります。

ただし、何が降りてくるかはわからないので
気に入らないこともありますよ。

まずは、
ひーちゃんに相談してみたいという方!

下をポチッとね。
↓    ↓
*ひーちゃんのチャネリング

全力で応援させて頂きますよ!

ついでにここもポチッと押して頂けると嬉しいです!
↓   ↓

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました