交響曲の父 ハイドンてどんな人? チャネリングしてみました!

チャネリング効果

あなたにピンポイントで
愛と光と癒やしを
お届けするチャネラーひーちゃんです。

本日も当ブログにお越しくださり、
ありがとうございます!

(応援してくださると嬉しいです。)
↓  ↓

最近は、
戦国武将の三英傑と
今、話題の明智光秀をチャネリングしてみました。

その前に
バロック時代の作曲家さん達を
チャネリングしましたので、

今回からは、
古典派の作曲家さん達を
チャネリングしていきたいかな
と思います。

古典派の作曲家さんと言いますと、
まず最初に想像するのが、
「交響曲の父」「弦楽四重奏曲の父」
と言われるハイドンです。

では、
古典派の時代に入っていきますね。

交響曲の父 ハイドンてどんな人? チャネリングしてみました!

フランツ・ヨーゼフ・ハイドンの基礎知識

フランツ・ヨーゼフ・ハイドン(Franz Joseph Haydn, 1732年3月31日 ニーダーエスターライヒ州ローラウ(英語版) – 1809年5月31日 ウィーン、但し遺体はアイゼンシュタット)は、古典派を代表するオーストリアの作曲家。
また、弟ミヒャエル・ハイドンも作曲家として名を残している。

数多くの交響曲、弦楽四重奏曲を作曲し、交響曲の父、弦楽四重奏曲の父と呼ばれている。

弦楽四重奏曲第77番(第62番)の第2楽章にも用いられた皇帝讃歌『神よ、皇帝フランツを守り給え』の旋律は、現在ドイツ国歌(ドイツの歌)に用いられている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

古典派というと、
ハイドン、モーツアルト、ベートーヴェンが有名ですよね。

ルネサンス時代の音楽は、
これまでの宗教音楽から世俗的な音楽へと流れが変わり、

バロック時代の音楽は、
オペラとか劇的声楽曲、器楽曲が多く創られ始め、
音楽が革命的に発展していった時代で、
後世に最も影響力を及ぼした時代、

古典派音楽時代は、
その流れをくみながら、
曲の構成や楽譜がシンプルになっていった時代ですよね。

(わたし)

まあ、ハイドンさんて、
一応、勉強しますけど
今ひとつ、
モーツアルトさんやベートーヴェンさんほどの
インパクトがないというのが本音です。

でも、古典派音楽といったら、
この人は外せないでしょう。

この人は一体、どんな人で
どんな功績があるのか教えていただけないでしょうか。

(高次元)
ハイドンの生きていた18世紀、
フランス革命前のヨーロッパでは、
啓蒙活動が盛んでした。

人々の理性を重んじる時代というわけです。

音楽にも
その思想が色濃くでた時代です。

その頃のヨーロッパでは、
音楽が広く、
世間で親しまれ始め、

今のような音楽再生機器も、

映画やテレビもない、

全てが
生の音楽として演奏され
それが活発になってきた時代です。

どの音楽家も
需要があり、
とても作曲も演奏も
忙しかった時代です

バロック時代に
オペラが創られ始め、

演劇と歌がメインだった所に
バックの音楽が
最初は
演劇と歌の引き立て役から、

オペラで演奏される音楽が
より進歩していった。

単独で、
音楽のみが楽しまれるようになり、

その音楽が要求されるようになった。
そこに、
ハイドンがいたので
交響曲の父」と言われるほどの
曲を書いた。

ハイドンはどういう人だったかというと、
物静かで、
理知的、温厚で紳士的、真面目な人でした。

この人の功績は、

バッハの息子の
音楽を習い、
モーツアルトに影響を与
ベートーヴェンへと
引き継がれます

音楽の歴史を学ぶ上で、
大事な人ですよ。


*****************
なるほど
いろいろとわかってくると、
この頃の音楽が100倍楽しく聴けますね。

もし、
ご相談等ございましたら、
私のところまでご連絡くださいね。
下をクリックしてください。
↓    ↓
*ひーちゃんのチャネリング

ついでにここもポチッとお願いします!
↓   ↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました