音楽の母 G.F.ヘンデルってどんな人? チャネリングしてみました!

チャネリング効果

あなたにピンポイントで
愛と光と癒やしを
お届けするチャネラーひーちゃんです。

本日も当ブログにお越しくださり、
ありがとうございます!

(応援してくださると嬉しいです。)
↓  ↓

今日の下呂温泉は
お昼からあいにくの雨
ではなくて、
恵みの雨が降っています。

昨日は、
「音楽の父」と称されるJ.S.バッハさんのことを
チャネリングしてみました。
今日は、
J.S.バッハさんと
同じ年に生まれた
G.E.ヘンデルさんについて
チャネリングしてみたいと思います。

音楽の母 G.F.ヘンデルってどんな人? チャネリングしてみました!

G.F.ヘンデル(ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル)についての基礎知識

ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル(Georg Friedrich Händel [ˈɡeːɔʁk ˈfʁiːdʁɪç ˈhɛndl̩] ( 音声ファイル) , 1685年2月23日 – 1759年4月14日)は、ドイツ出身で、主にイギリスで活躍し、イギリスに帰化した作曲家。英語では(George Frideric (Frederick) Handel [ˈhændᵊl] )。バロック音楽における最も重要な作曲家のひとりであり、特にイタリア語のオペラ・セリアや英語のオラトリオの作曲によって知られる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

バッハさんとヘンデルさんは、
同じドイツ生まれで、
生まれた場所もわりと近い所に生まれました。

後世に残る
偉大な作曲家が
同じ年、同じ国、生地も近い場所に生まれた
なんて、
すごいですね。

でも、
それ以降の偉大な作曲家達は
友人関係だったりして、
繋がりがあったりするんですよ。

これは一体、
どういったことなんでしょうね。不思議ですね。

ヘンデルさんの音楽からチャネリングしてみました!

昨日は、
J.S.バッハさんという方の
人となりがわかりました。

今日は、
ヘンデルさんですが、
なんと返ってくるのでしょう。
楽しみです。

(わたし)

日本では、
「音楽の父」を J.S.バッハさん、
「音楽の母」を G.F.ヘンデルさん
と言っています。

バッハさんとヘンデルさんは同じ年同じ国の
生まれですが、
生涯お互いに会ったことはないそうです。

まあ、
バッハさんは教会音楽を多く書かれた方で、
ヘンデルさんは宮廷作曲家にもなられました。

同じ音楽と言えども、
まるで違いますよね。

それに、
バッハさんは20人の子どもがいましたが、
ヘンデルさんは奥さんも子どももいなかった。

そんなお二人ですが、
ヘンデルさんて一体どういう方だったのでしょう。

(高次元)

同じ時代に生まれ、
近くにいながら、
お互い出会うことのなかった二人ですね。

ヘンデルとバッハとは
まるで見ている方向が違う。

かたや、
神、信仰、敬虔なる祈りの対象であるが、
ヘンデルは、人であり民衆であった。

人の喜びを自分の喜びとした。

人がどうしたら喜ぶか、
どう演出したら喜ぶかを
絶えず考えていた。

この者は、
ある面、ものすごく寂しさを抱えていた。
孤独と言っても良いであろう。

この者が、
音楽を上演するたびに、
名声は得られるのだが、
この者を
利用しようという者が現れ、
その度に幻滅をする。

民衆の為の音楽を書きながら、
人への不信感も
また増幅する。

そのために
一生、結婚することはなかった。

(わたし)

最終的にはイギリスに落ち着くわけですけど、
なぜいろいろな国を渡り歩いたのですか?

(高次元)

渡り歩こうと思って渡り歩いたのではなく、
民衆の音楽を書くため、
依頼があって、
その依頼に応じて、
結婚していなくて身軽と言うこともあり、
結果的に、
渡り歩くと言うことになっただけです。

(わたし)

個人的には、
バッハさんとは違って
音楽がわかりやすく、
好きな曲が多いように思います。

(高次元)

民衆の好みを
よく知っている。

民衆の心に寄り添っている。

音楽が、
人の心に寄り添い、
変幻自在に作曲されたのです。

その為、
必然的に人気が出る。

それとともに、
町の音楽家たちの収入も
支えていた。

*****************

バッハさんとは、
生き方も考え方も大きく違っていたようですね。

生前は、
どちらかというと、
ヘンデルさんの方が格上の存在でしたね。

もし、ご相談がございましたら、
私のところまでご連絡くださいね。
下をクリックしてください。
↓    ↓
*ひーちゃんのチャネリング


人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました