モチベーションコントロールにグレゴリオ聖歌は効果あり!疲れ切ったあなたにオススメです! 

音楽 メンタル効果

あなたにピンポイントで
愛と光と癒やしを
お届けするチャネラーひーちゃんです。

本日も当ブログにお越しくださり、
ありがとうございます!

(応援してくださると嬉しいです。)
↓  ↓

昨日は
もうすぐ4月というのに
桜咲く東京では雪が降り積もりましたね。

あなたのお住まいの地域は
大丈夫でしたか?

移り気な天候に振り回されて
本当に戸惑ってしまいますよね。

モチベーションコントロールにグレゴリオ聖歌は効果あり!疲れ切ったあなたにオススメです!

 

グレゴリオ聖歌に対するイメージは?

・つまらない
・何が面白いのかわからない
・怖い
・楽しくない
・どうしても聴く気になれない等など。

こんなイメージがありませんか?

実は私も、
ずっとグレゴリオ聖歌に対して
こんなイメージを持って聴く気になれませんでした。

しかし、
年齢を重ね、
ある時、
どうしようもないような倦怠感に襲われ、
寝る時にグレゴリオ聖歌を聴いて寝たのです。

すると、
このグレゴリオ聖歌が
ものすごく心地よく
身体の細胞一つ一つに染み入る様だったのです。

グレゴリオ聖歌に対するイメージが
この時、
ガラッと変わりました。

グレゴリオ聖歌とは?

グレゴリオ聖歌を簡単に説明すると、

現存するヨーロッパ音楽の中で
再現することができる最古の音楽
と言われています。

ローマ・カトリック教会の礼拝のための音楽であり、
中世の時代から今日まで歌い継がれてきたものです。

グレゴリオ聖歌は、
ハーモニーはなく単旋律、無伴奏の宗教音楽です。

厳かで静かな迫力があり、
何故か引き込まれるものがあります。

「グレゴリオ聖歌」と呼ばれる理由は
7世紀初頭、教皇グレゴリウス1世(590~604在位)
にちなんで名付けられました。

諸説ありますが、
「グレゴリオ聖歌」というのは呼称であり、
正確には
「ローマ聖歌」と言います。

古代末期から中世全般にかけて
各地域でバラバラだった聖歌や典礼を
グレゴリウス1世が統一し、

ヨーロッパ各地の音楽要素を取り込んで
融合してできていったもの
それが
「グレゴリオ聖歌」と呼ばれるものなのです。

グレゴリオ聖歌の効能

私たちの心身に大きく影響すると言われる
「ソルフェジオ周波数」という
基本の528ヘルツをはじめ、
9つの特定の周波数の音階があるんですね。
(周波数とは?・・一秒間に繰り返す波のことを言います。単位はヘルツ)

このソルフェジオ周波数は、
癒しの音楽として知られる
ローマ・カトリック教会の典礼で男性の斉唱
「グレゴリオ聖歌」にも用いられています。

その紹介を少しさせていただきますね。

このソルフェジオ周波数ですが、
これは普通のピアノの周波数とは
微妙に違っています。

このソルフェジオ周波数の中でも
重要視されているのが、
396ヘルツと528ヘルツで、

396ヘルツは真ん中の「ソ」の辺り
528ヘルツは真ん中の「ド」より一つ高い「ド」の辺りです。

この396ヘルツと528ヘルツは
聴いていて心地の良い音です。

【396ヘルツ】・・・解放の周波数
罪の意識や過去のトラウマ、恐怖心、不安の感情を
緩和させると言われています。

528ヘルツ】・・・癒しの周波数
ストレスなどで傷ついたDNAを修復すると言われ
聴くだけで身体の不安を消していく
愛の周波数と言われています。

他にも、

【174ヘルツ】・・・安定

285ヘルツ】・・・促進

【417ヘルツ】・・・変化

【639ヘルツ】・・・調和

【852ヘルツ】・・・直感

【956ヘルツ】・・・活性

このように、音によって
身体に与える影響は変わってくるんです。

 

まとめ

今回は、
グレゴリオ聖歌を簡単に説明させていただきましたが、

私のオススメするこのグレゴリオ聖歌の聴き方は、
疲れた時や倦怠感があり、
何もする気が起きない、静かな癒しが欲しい時などに聴いてみると
案外、
自分が癒されていくのを実感できるのではないかと思います。

特に寝る前、寝る時に聴くことをオススメします。

騙された(言い過ぎ?)と思って、
お聴きください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました