テレマンて? バッハとヘンデルの少し年上作曲家をチャネリングしてみた!

チャネリング効果

あなたにピンポイントで
愛と光と癒やしを
お届けするチャネラーひーちゃんです。

本日も当ブログにお越しくださり、
ありがとうございます!

(応援してくださると嬉しいです。)
↓  ↓

昨日一昨日と、
J.S.バッハとG.F.ヘンデルをチャネリングしてみました。

ただ、
音楽を聴いてみるだけではわからない
作曲家の内面が
チャネリングで明らかになり(と個人的に思っている)
結構、
ブログを書きながら楽しんでいます。

こんな音楽の捉え方が
あってもいいではないですか。

テレマンて? バッハとヘンデルの少し年上作曲家をチャネリングしてみた!

ゲオルク・フィリップ・テレマンの基礎知識

1681年3月14日 – 1767年6月25日) は、ドイツの作曲家

テレマンは後期バロック音楽を代表するドイツの作曲家で、40歳以降は北ドイツのハンブルクで活躍した。18世紀前半のヨーロッパにおいては随一と言われる人気と名声を誇り、クラシック音楽史上もっとも多くの曲を作った作曲家として知られる。自身も オルガン、ハープシコード、リコーダー、リュートなど多くの楽器を演奏することができ、特にリコーダーについては高い技術を有する名人であった。

同時代の作曲家であったゲオルク・フリードリヒ・ヘンデルとはライプツィヒ大学時代からの友人で、頻繁に手紙のやり取りをしていたほか、ヨハン・ゼバスティアン・バッハとも親密な交友関係にあり、バッハの次男カール・フィリップ・エマヌエルの名付け親にもなった。また、1750年にバッハが死去した時には、バッハの業績を最大限に称える追悼の言葉を送っている。

彼の音楽様式には、20歳代~30歳代に触れたフランス・イタリア・ポーランドの民族音楽、特に舞曲からの影響があり、ドイツの様式も含めてそれらを使いこなし、ロココ趣味の作風も示した。彼は86歳と長生きだったため、晩年はハイドンの青年時代などと重なり、高齢でも創作意欲が衰えなかった。トリオソナタの編成で『ディヴェルティメント』と書かれた晩年の作品もあり、常に新しい音楽傾向の先頭に立ち続け、対位法を主体とする後期バロック様式からホモフォニーによる古典派様式への橋渡しをした作曲家であった。日本ではテレマンへの注目も高く、日本テレマン協会が1969年に発足(当時は大阪テレマン協会)して現在に至っている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

1681年出生ということは、
大バッハさんや、ヘンデルさんより4つ年上です。

しかも、
同じドイツ生まれ。

テレマンさんは、作曲数が他の作曲家に比べて群を抜いて多い、
4000曲を超えると考えられていて、
今世紀中に全作品の刊行が難しいとも言われるほどです。

テレマンさんの曲は、
結構、木管楽器を用いた曲が多いです。
この時代では、
バッハさんやヘンデルさんを差し置いて
人気ナンバーワンの作曲家さんでした。

テレマンさんをチャネリングしてみました!

バッハさんは、「音楽の父」
ヘンデルさんは、「音楽の母」
テレマンさんは、「家庭音楽の大家」
と言われています。

当時、
ドイツで人気の作曲家と言うと、
1位、テレマンさん、2位、ヘンデルさん、7位、バッハさん

こんな感じでした。

では、テレマンさんはどんな方だったんでしょう。

(わたし)

このところ、
バロック後期の有名な作曲家さん達を
チャネリングさせて頂いて、
その時代がなんとなくわかってきました。

現代では、
偉大な作曲家で真っ先に思い浮かぶのが
バッハさんですが、

当時は、
テレマンさんがずっと格上に
思われていたようですね。

テレマンさんてどういう方だったんですか?

(高次元)

この人は、
時代の流れにより、
宗教音楽、教会音楽、宮廷音楽、富裕層を相手にした音楽
が多く書かれていました。

しかし、
この人自身が中流家庭で生まれ育ったことから、
中流家庭の暮らしを知っている。

音楽が、
全ての人に行き渡ることを考えた。

音楽の効能も理解していた。

なので、
音楽を
身近で演奏出来る様に
簡単平易な曲を多く書いた。

リコーダーという楽器は
他の楽器に比べると
安く手に入る。

そして、
持ち運びも便利。

そして、
本人もリコーダーが得意であったことから
リコーダーの音楽が多く書かれている。

リコーダーがメロディを担当してくれることで、
どこでも音楽ができる。

ヘンデルが
民衆の為に音楽を書いたけれども、
もっと広く
中流家庭でも
音楽が流れるように
音楽を書いたのはテレマンである。

バッハの目線が、神や祈りの対象にあるのに対し、
ヘンデルは民衆と言っても、富裕層、
テレマンは民衆、それも中流家庭まで幅広い。

ある意味、
民衆の家庭にまで音楽を行き渡らせようとした
そのことを考えると
テレマンはもっと評価されても良い人と言えます。

人柄もとても良い人物です。

名声におぼれることなく、
ユーモアもあり、ビジネスセンスもある。
研究熱心でいろんなことを楽しんじゃう。
大変好ましい人物です。

*******************

テレマンさんをチャネリングしてみて、
何だか親近感がわきました(笑)

追伸、私の個人的妄想ですので、ご了承おきくださいね。

もし、ご相談がございましたら、
私のところまでご連絡くださいね。
下をクリックしてください。
↓    ↓
*ひーちゃんのチャネリング


人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました