ショパンの『幻想即興曲』をチャネリングしてみました!

楽曲チャネリング

ショパンの『幻想即興曲』は
音楽ファンのみならず知らない者はいないほど
有名な曲ではないでしょうか。

チャネラーの観点から
この『幻想即興曲』をチャネリングしてみました。

*****************

あなたにピンポイントで
愛と光と癒やしを
お届けするみゅーじっくチャネラーひーちゃんです。

本日も当ブログにお越しくださり
ありがとうございます!

ショパンの『幻想即興曲』をチャネリングしてみました!

幻想即興曲について

即興曲第4番 嬰ハ短調 遺作 作品66は、ポーランドの作曲家フレデリック・ショパンが作曲したピアノ曲である。
ショパンの4曲の即興曲のうち最初に作曲され、
ショパンの死後1855年、友人のユリアン・フォンタナの手により『幻想即興曲』(Fantaisie-Impromptu)と題して出版された。

ショパンの作品のなかでもっともよく知られる作品のひとつである。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

この曲は、
ショパンの曲の中で3本の指に入るほどの
有名な曲ではないでしょうか。

しかし、
この曲はショパンが生前時には
公には発表されていません。

しかも、
「自分の死後、この楽譜を燃やしてほしい」
と人に頼んだ曲です。

ショパンの死後、
その遺言を破って友人フォンタナが
『幻想即興曲』と名付けて
公表した曲です。

なぜ、このようなきれいな曲が
ショパンの生前時に公表されることがなかったのでしょう。

幻想即興曲、音楽からのチャネリング!

では、この曲から
どんなメッセージが降りてくるのでしょうか。

チャネリングメッセージ

死の恐怖にあるショパン
何時まで生きられるのか

そして、
この苦しみから
どう逃れることが出来るのか

何かをやれば、すぐに疲れてしまう
他の人たちの様に
元気に活動してみたい
身体のことを気にせずに
自由に振る舞いたい

その中にあっても
一時の安らぎ、苦しみから逃れられる一時、

そして、
また苦しみがやってくる
いつこの苦しみから逃れられる時が来るのだろう。

この苦しみの先に
やっとで安らぎの時を迎えることができた。

やっとで楽になれる。

♡♡♡♡♡

う~ん、
これは本人にしたら
病人の胸の内ですから、
公表したくないのもうなずけるかな~。

生きることの大変さ
いつまでこんな状態で生きるのだろう
元気な奴はいいよな
この苦しみわかってくれよ!

きれいな旋律の裏にこんな思いがあるなんて
本人にしたら、
自分の胸の内だけにしまっておきたいかなと思いますね。

*****************

私はチャネリングが出来ますが

実は皆にも出来ることなんですよ。

あなたのお悩みを
リモートで高次元の存在の力をお借りして
お悩み解決!

チャネリングピアノ
簡単な曲を用いて
リモートでもお教えしますよ。

ここで得られる技術は
脱力の仕方をお伝えして
あなたの内に流れる音楽の再生法です♪

あなただけのチャネリングピアノ曲
お試し価格で
作曲させていただきます!

これは難しい曲ではなく
私の中で湧いてきた音楽を降ろした曲になります。

ただし、何が降りてくるかはわからないので
気に入らないこともありますよ。

まずは、
ひーちゃんに相談してみたいという方!

下をポチッとね。
↓    ↓
*ひーちゃんのチャネリング

全力で応援させて頂きますよ!

ついでにここもポチッと押して頂けると嬉しいです!
↓   ↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました