「ピアノの詩人」フレデリック・ショパンは実際のところどんな人?チャネリングしてみた!

作曲家チャネリング

ショパンの音楽は
今でも多くの音楽ファンを魅了しています。

そのショパンを
チャネリングしてみたいと思います。

ショパンという人間、
とっても興味深いですよね。

*****************

あなたにピンポイントで
愛と光と癒やしを
お届けするみゅーじっくチャネラーひーちゃんです。

本日も当ブログにお越しくださり
ありがとうございます!

「ピアノの詩人」フレデリック・ショパンは実際のところどんな人?チャネリングしてみた!

フレデリック・フランソワ・ショパンの基礎知識

フレデリック・フランソワ・ショパン(フランス語: Frédéric François Chopin 、ポーランド語:Fryderyk Franciszek Chopin(フルィデールィク・フランチーシェク・ショペーン)、1810年3月1日(2月22日(出生証明の日付)、1809年3月1日説もあり) – 1849年10月17日)は、ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。
当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名だった。
その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、ピアノの詩人とも呼ばれるように、
様々な形式・美しい旋律・半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いた。
夜想曲やワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが多い作曲家の一人である。
また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、
父の出身地で主要な活躍地だった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

今でも、ピアノを習い始めた子どもに限らず、多くのピアノを愛する人にとって
ショパンは憧れの作曲家さんです。
私も、初めてショパンの『子犬のワルツ』を弾いた時、すごく嬉しかったことを覚えています。

フレデリック・フランソワ・ショパンてどんな人?

多くの文献にはショパンについて
いろんなことが書かれています。

さて、
私がいつもお伺いをたてる大天使様はなんと仰るのでしょうね。

(わたし)

ショパンさんて、身体が弱くて、
ジョルジュサンドさんと同棲して別れた後39歳で肺結核で亡くなりました。
どんな方だったんでしょう。

(聖ウリエル様)

どんな方?
とは何ともざっくりな質問ですね。

何からお話ししていけば良いですか?

(わたし)

なぜピアノ曲ばかり作ったのでしょう。

(聖ウリエル様)

彼は身体が弱かったのは周知の通りです。

肺結核を患っていました。
行動に規制がどうしてもかかります。

人混みに行くことも人と会うことも
かなりのエネルギーが要りました。

ショパンのピアノ奏法は
鍵盤を叩きつけない
限りなくエネルギーを消耗しない弾き方で
優しく柔らかく弾いていました。

ピアノは
小さな頃から自分の存在を
人々が認めてくれる唯一の楽器であり、
身体が弱くても演奏出来る
彼にとって、唯一の楽器だったのです。

だから、どうしてもピアノの曲が多くなるのは当然のことです。

(わたし)

男装の麗人で男勝りな恋多き女性
ジョルジュサンドとの同棲は有名ですが
どうしてこの様な女性と
9年間も同棲することとなったのでしょう。

(聖ウリエル様)

ジョルジュサンドという女性は
自分の心に正直で、
生きていく力のある逞しい女性でした。

彼女の前では
要らぬ詮索をしなくて済む
楽な女性だったとも言えます。

ショパンは
おとなしく繊細な心を持っていた為
いろんな取り越し苦労をするタイプ、

細かいことに気が付いてしまう
彼の身体が思うように行かない分
頭の中は休まることがなかった。

なので、ジョルジュサンドのような
はっきりした女性は
見ていればわかるので
要らぬ詮索することがなかった分
楽であったし、

彼女は作家だったので、
いろんな方面に知識があり
ショパンの知らない世界を教えてくれる人、

また、
彼女はショパンより年上で
よく彼の面倒をみてくれたので、
彼の中で創作意欲が湧き作曲が心置きなくできた。

ジョルジュサンドはサンドで
ショパンの演奏を毎日独り占めして聴くことができたので、
二人の生活は
お互いがWin-Winの関係で
とても心地よいものでした。


(わたし)

なぜジョルジュサンドと別れたのでしょう。

(聖ウリエル様)

ジョルジュサンドは
なぜこの時代、
男装をしたり、
多くの男性とのスキャンダルがあったかというと、

彼女は
恋愛から多くのことを学び取り
作品に昇華させていた。

彼女は
また、実益を好み、
他人の目を全然気にしていなかった。

彼女は実に
自分の心に正直な人間です。

ショパンとの関係も
いつの間にかマンネリになりかけていた。

そして、
二人の子どもとの関係、

安定を嫌うサンドは
決断を下したということでしょう。

(わたし)

ショパンの命は
ジョルジュサンドと出会わなければ
もっと生きられたという節がありますが
どうなんでしょう。

(聖ウリエル様)

生きられたのかもしれないが
傑作はそれほど生まれていなかったでしょう。

サンドとの関係があったから、
心置きなく作曲出来たし
情感豊かな音楽を作ることが出来た。

彼の人生の中ではなくてはならない存在だったと思いますよ。

*****************

私はチャネリングが出来ますが

実は皆にも出来ることなんですよ。

あなたのお悩みを
リモートで高次元の存在の力をお借りして
お悩み解決!

チャネリングピアノ
簡単な曲を用いて
リモートでもお教えしますよ。

ここで得られる技術は
脱力の仕方をお伝えして
あなたの内に流れる音楽の再生法です♪

あなただけのチャネリングピアノ曲
お試し価格で
作曲させていただきます!

これは難しい曲ではなく
私の中で湧いてきた音楽を降ろした曲になります。

ただし、何が降りてくるかはわからないので
気に入らないこともありますよ。

まずは、
ひーちゃんに相談してみたいという方!

下をポチッとね。
↓    ↓
*ひーちゃんのチャネリング

全力で応援させて頂きますよ!

ついでにここもポチッと押して頂けると嬉しいです!
↓   ↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました