「楽聖」ベートーヴェンてどんな人? チャネリングしてみました!

作曲家チャネリング

ベートーヴェンさんてどんなイメージがありますか?

音楽を聴くと
粘着質でしつこい、
温厚かと思うと喜怒哀楽が激しくて
扱いにくい
そんな感じでしょうかね~。

*****************

あなたにピンポイントで
愛と光と癒やしを
お届けするチャネラーひーちゃんです。

本日も当ブログにお越しくださり、
ありがとうございます!

(応援してくださると嬉しいです。)
↓  ↓

古典派というと、
ハイドン、モーツァルトの次は、
何と言ってもベートーヴェンでしょう。

わたしが、
最初の音楽との出会いは、
ベートーヴェンの交響曲第6番『田園』
カラヤン指揮、演奏ベルリンフィルでした。

当時、
まだ10歳前の小学生だったわたしは、
買ったばかりの新品のステレオ、
叔父の買ったクラシック全集のレコード、
ベートーヴェンの曲を聴いたのです。

冬の寒い頃でした。

ストーブの上にはやかん、
締め切った部屋で
温かい飲み物を飲みながら聴いていました。

想像の世界で、
ドイツの田園風景を見ていたのです。

それから、
わたしにとってドイツが憧れの国となりました。

そんな思い出があります。

「楽聖」ベートーヴェンてどんな人? チャネリングしてみました!

ルートヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェンの基礎知識

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
(独: Ludwig van Beethoven、標準ドイツ語ではルートヴィヒ・ファン・ベートホーフェンに近い、1770年12月16日ごろ – 1827年3月26日)は、ドイツの作曲家、ピアニスト。
音楽史上極めて重要な作曲家の一人であり、日本では「楽聖」とも呼ばれる。
その作品は古典派音楽の集大成かつロマン派音楽の先駆けとされ、後世の音楽家たちに多大な影響を与えた。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ベートーヴェンというと、
耳が聞こえないにも関わらず、
音楽を書いて、
生涯独身
56歳で亡くなった。

飲んだくれで
お金を稼がない父親、
二人の弟の世話をし、
そんな苦労をしながらも、
立派な音楽家になった。

大雑把に言うと
そんな感じでしょうか。

ルートヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェンってどんな人?

高次元はなんと仰るのでしょう。
楽しみですね。

わたし)

このベートーヴェンさんて、
音楽を生業にしながら、
耳が聞こえなかったって
さぞかしお辛かったことと思います。

それに、
生涯独身を貫かれましたが
なぜ、結婚しなかったのでしょう。

実際の所、ベートーヴェンさんて
人間としてはどうだったんでしょう。

(高次元)

この人は、
結婚したくなかったのではないよ。

結婚したかったのだけれど、
機会を逃しただけです。

う~ん、
この人は不潔で性格もしつこいし
気難しく品性に乏しい。

一緒に暮らすには難しい。

耳に関しては、
音楽家にとって、
音が聞こえないのは、
それ以上辛いことはないですよ。

ものすごく辛かったことは
想像して余りあるものでしょう。

(わたし)

愚問でしたね。

ベートーヴェンさんの音楽は、
モーツァルトさんの音楽と随分違うというか、
軽い感じがしなくて、
心になんか深いものを感じます。

何故でしょうか。

(高次元)

この人の音楽は、
それまでのパトロン
つまり、貴族や権力者、宗教とは別の
心の世界を描いています。

心で見る音です。

この人にとって
音が聞こえなかったのは不幸でしたが、
そのことによって、
外部の音楽に惑わされなかった。

だから、
目で視るものから、
想像を膨らまして、
内的に聞こえる音楽を
楽譜に残すことが出来た。

その世界は、
もう人や圧力とは関係ない
天上の音楽なのです。

他に入る余地がなかった。

だから、
耳が聞こえないのは不幸と言っても、
彼の音楽を創作する上では
それが良かったのです。

(わたし)

なるほど~。
そういうことだったのですね。

で、この人はどんな人だったのですか?

(高次元)

この人は、
非情に孤独な人でした。

内的に
ほとばしる熱いものを持っている人でした。

だから、
彼の音楽の各所に
それが表現されている。

そう思いませんか?

熱いものがあるのに、
それが上手く表現出来ない
理解されないもどかしさ、

だから、
それが人に強く当たるということになった。

無から有を生み出す
音楽家の苦労は並大抵ではない。

彼は、
非情に心優しく、勇敢で孤独、
アンバランスな人でした。

*****************

しかし、
人の行動は表面ではわからない
心の葛藤が
理解できない行動として出るのでしょうね。

当時の音楽家さん達は、
今みたいなMP3プレーヤーもYouTubeもCDも
なかった時代ですからね~。

仕事は一杯ありましたし、
過酷ですよね~。

もし、

ご相談等ございましたら、
私のところまでご連絡くださいね。

下をクリックしてください。
↓    ↓
*ひーちゃんのチャネリング

ついでにここもポチッとお願いします!
↓   ↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました