ルネサンス・バロック時代ってどんな時代? チャネリングしてみました!

チャネリング効果

音楽の父バッハ、音楽の母はヘンデル、
この二人は同じドイツ生まれの同い年。

この二人が生きた頃は
バロックと言われる時代です。

その音楽の礎を築いた時代は
どんな時代だったのでしょうね。

あなたにピンポイントで
愛と光と癒やしを
お届けするチャネラーひーちゃんです。

本日も当ブログにお越しくださり、
ありがとうございます!

(応援してくださると嬉しいです。)
↓  ↓

今日の下呂温泉は、
快晴で、
お洗濯日和です。

朝から、
お洗濯しっぱなしです。

やっぱり春はいいなあ。

ルネサンス・バロック時代ってどんな時代? チャネリングしてみました!

最近、バッハさんはじめ、ヘンデルさん、テレマンさんを
チャネリングさせていただいたことで、

この皆さんが生きておられた時代ってどんなんだったんだろう?

と、すごーく興味がわいてきました。

時代を知るって面白いですね。

では、
バロック時代を知る上で、
その前のルネッサンス時代はどうだったのでしょうか。

ルネサンス時代の基礎知識

 

ルネサンス(仏: Renaissance[† 1][† 2])は「再生」「復活」を意味するフランス語であり、一義的には、古典古代(ギリシア、ローマ)の文化を復興しようとする文化運動であり、14世紀にイタリアで始まり、やがて西欧各国に広まった(文化運動としてのルネサンス)。
また、これらの時代(14世紀 – 16世紀)を指すこともある(時代区分としてのルネサンス)。
日本では長らく文芸復興と訳されており、ルネサンスの時代を「復興期」と呼ぶこともあったが、文芸のみでなく広義に使われるため現在では余り使われない。ルネッサンスとも表記されるが、現在の歴史学、美術史等ではルネサンスという表記が一般的である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ルネサンスは
ヨーロッパの流通の中心であるイタリアで始まりました。

地中海貿易で繁栄した
北イタリアのトスカーナ地方、
フィレンツエ周辺は
経済的に豊かだったのです。

経済が豊かと言うことは、
いろんな物にお金がかけられるということです。

 

ルネサンス時代ってどんな時代?

(わたし)

ルネサンスって、
何だかはっきりしなくて
よくわからないんですけど、
どういう時代だったんですか?

(高次元)

ルネサンス期は、
人々がそれまでの教会が支配する中世時代、
あらゆる面で暗かったのです。
身近に人の死はあり、言論の自由はない、しかも貧しい。

人々はそんな時代を長く過ごしてきたので、

貿易で財をなしたイタリアが、
その富から経済的自由を得、

人々に表現の自由が許されたことで、

その暗い時代を変えようという動きが
市民の意識に芽生え始めた。

そして、
商人階級の富裕層の間で、
復興という機運が高まり、
それを後押しして、
古代ギリシャ、ローマ帝国の時代の様に
栄えた都市を造ろうと
動き始めたのです。

それが、
ルネサンスと言われる時代です。

バロック時代の基礎知識

バロック(伊: barocco, 仏: baroque 英: baroque, 独: Barock)とは、16世紀末から17世紀初頭にかけイタリアのローマ、マントヴァ、ヴェネツィア、フィレンツェで誕生し、ヨーロッパの大部分へと急速に広まった美術・文化の様式である。バロック芸術は秩序と運動の矛盾を超越するための大胆な試みとしてルネサンスの芸術運動の後に始まった。
カトリック教会の対抗改革(反宗教改革運動)や、ヨーロッパ諸国の絶対王政を背景に、影響は彫刻、絵画、文学、建築、音楽などあらゆる芸術領域に及び、誇張された動き、凝った装飾の多用、強烈な光の対比のような劇的な効果、緊張、時として仰々しいまでの豊饒さや壮大さなどによって特徴づけられる。
18世紀後半には新古典主義(文学、音楽は古典主義)へと移行した。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

中世からルネサンスにかけては、
器楽より声楽主体でした。

ルネサンス後期位から、
楽器だけの演奏が多くされるようになり、

また、印刷技術が発達し、楽譜も大きく進化したことで、
その時代の音楽が現代に多く残り、
再現されるようになったんだそうですね。

バロック時代って、どんな時代?

(わたし)
ルネサンスの後に
バロックという時代がやってきますが、
バロック時代はどんな時代だったのですか?

(高次元)

ルネサンスで、
絢爛豪華な物の時代が築かれたのですが、
今度は、
物ではなく、
人の楽しみに目が行くようになりました。

そして、
絢爛豪華な物に見合う
人間としての芸術に目が行きました。

オペラが作られ始め、

教会での宗教曲、ミサ曲、カンタータ、
賛美歌、、聖歌、オラトリオ等、
それまでの音楽から

また一歩、
王侯貴族から民衆へと
幅広く音楽が
進歩していった時代でしょう。

*****************

こんな感じでした。
これは、単なるわたしの妄想と
ご笑覧いただき、間違ってたらお許しくださいね。

もし、ご相談がございましたら、
私のところまでご連絡くださいね。
下をクリックしてください。
↓    ↓
*ひーちゃんのチャネリング


人気ブログランキング

コメント

  1. apa より:

    はぁ!なるほど!ここ最近、クラシック聴くようになっていて、バロックとか出てきててなんのこっちゃよくわからんと思っていたのですが(笑)なるほど・・・そうした時代背景があったんですね。まだ全部把握できたわけではないのですが、そうした時代の移り変わりと、時代を変えようと動きに合わせて音楽も新しく生まれ変わっていったんだな、と思えました。勉強になりました。ありがとうございます(^^)また拝読させていただきます。

    • 桂川 ひづる桂川 ひづる より:

      コメントありがとうございます!
      ただその時代の音楽といって
      ただ聴いても、本当になんのこっちゃ?
      ですけど、
      その背景を知ると
      音楽がより意味を持ちますよね。
      今度は古典になっていきますが
      書いていきますので、
      是非、お読みください。

    • 桂川 ひづる桂川 ひづる より:

      こんにちは!
      今、音楽教室ではなく、
      芸術・人文部門に移動しました。
      古典も書いて行きますので、よろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました